政治・社会

海外「日本人に感心!常に改善し練習している」特別救助隊の水難救助大会 海外の反応

海外「日本人に感心!常に改善し練習している」特別救助隊の水難救助大会 海外の反応

日本の特別救助隊(レスキュー隊)の水難救助大会が海外で話題になっていたので、海外の反応としてまとめました。

1.インドの方

世界中の救助隊に神のご加護がありますように。私自身も溺れた事がある被害者だったので、彼らの仕事がどれほど重要かを知っています。
+53

2.アメリカの方

これはオリンピックのために素晴らしいだろう…多くのスキルが関係しています。
+180

3.アメリカの方

私はライフガードですが、彼らの髪の毛を引っ張ること以外は素晴らしいです。
+56

4.海外の方
>>3

生死がかかっているときには問題ないと思います。なぜなら、相手の体を掴もうとすると、相手は自分の身を守ろうとして自分を押し倒そうとするからだ(完全に反射的で意図的ではない)。私たちの地元の川で泳いできた経験を話しています。
+14

5.ナイジェリアの方
>>3

救助する人に髪の毛がなかったらどうしよう。
+14

6.アメリカの方

BSAのライフガードをしていたことがありますが、このようにいくつかのことを違う方法で行っているのは本当に素晴らしいことです。
+4

7.アメリカの方

私が日本人についていつも感心していることは「これで十分だ」と決めつけないことです。彼らは何をするにしても、常に改善し、練習しています。古い格言が正しいことを証明しています。「何をするにも価値のあることは、正しく行う価値がある」ということです。
+273

8.オーストラリアの方
>>7

私はシドニーでライフガードをしていますが、デッキで足ひれを履いて歩いたり、他のライフガードにロープで引っ張られたりすることはありません。

9.海外の方
>>7

カイゼン、継続的な改善。
+3

10.ノルウェーの方
>>7

そうだけど、ある程度はね。日本では、自分の力が足りないことで命を絶ってしまう人が多いですからね…。ベストを尽くすことは大事だと思うけど、そうはいかなかった時の対処法も大事だと思う。
+24

11.フィリピンの方
>>10

おいおい、世界中のほとんどの人が、自分がダメだと思って自分の命を絶っているんだよ。今日のミレニアル世代の子供たちを見てください。
+4 -1

12.ノルウェーの方
>>11

そうか知れませんが、それは個人差があります。日本の友人に聞いたところによると、社会は(西洋よりもずっと)生活に耐えられないほどのプレッシャーをかけているそうです。
+2

13.アメリカの方

これは信じられないくらい凄いです!しかし、効果的かもしれませんが、「要救助者の髪を引っ張る」という部分は少し不安になりました。
+45

14.シンガポールの方
>>13

本当だ 溺れる神のためにハゲの人々を犠牲にしているような気がします。
+42

15.海外の方
>>13

私もだが命を失うくらいなら髪の毛を失った方がマシだけどね。
+18

16.イギリスの方
>>13

顎で引っ張るように訓練されていたので、髪の毛はちょっと…。
+6

17.海外の方

50年ほど前に救命講習を受けたことがありますが、髪の毛を引っ張ることは教わりませんでした。私は顎に巻き付かせなければならなかった。いずれにしても、それは簡単ではありません。
+40

18.海外の方
>>17

救助している人がハゲていたり、丸刈りだったらどうするんだろう?
+32

19.海外の方
>>18

耳を引っ張るとか?
+22

20.海外の方

日本は何をするにも常に非常に規律正しく、細心の注意を払っています。卓越性は彼らの血の中にあるのです。
+19

21.海外の方

この仕事のために漫画が必要です。ファーストレスポンダーの漫画はあまり良いものがありませんでしたが、め組の大吾を読んでからは、ファーストレスポンダーの漫画を読むようになりました。
+15

(ファーストレスポンダーとは最初の対応者の意味で救急隊に引き継ぐまでに的確な救急手当をする専門的な訓練を受けた人。)

22.海外の方

お疲れ様でした!彼らの技量はすごいですよね。
+2

23.海外の方

競争が人の命を救い、人を助ける事を目的とした競技は本当に意味があると思います。
+8

24.インドネシアの方

私はライフガードの技術にはいつも驚かされます。とても難しいことなのに、それを簡単に見せてくれます。
+3

25.フィリピンの方

本当にすごいのは、彼らの仕事に対するひたむきさです。

26.海外の方

レスキューダイバー/ダイブマスターコースをやるときのために、いくつかのスキルを身につけておきましょう。誰かの髪の毛を引っ張るのが許可された方法になるかどうかはわかりません。
+1

27.海外の方

彼らはまた、消防士のレスキュー競技を持っています。1分以内に3~4階建ての建物を登っていくのが好きです。
+2

28.海外の方

これは特に世界中の救助者にとってとても重要な技術です。
+2

29.マレーシアの方

これはどこの国のライフセーバーでも当たり前のことだと思います。ライフセーバーのためのスポーツイベントもあります。
+2

30.フィリピンの方

フィリピンでもこのような訓練大会を開催してほしいです。何故なら私たちは、洪水の度に水が残る群島だ。この訓練は、多くの救助者を育ててくれる。
+13

31.インドネシアの方

そこにいる全ての救助者に敬意を表したい。他の人を救うために命を賭ける人はそう多くはありません。

32.海外の方

そして、波があったり、流れがあったり、岩があったり、嵐があったりする中で、どのような行動をとるのか、見ものです。
+1

33.アメリカの方

私は実際に1960年にニューヨークのロチェスターでこれらの大会に参加しました。私はモンロー郡で最高のライフガードでした。懐かしい思い出。
+46

34.ウガンダの方

彼らの引き抜き技は、毛がある人にしか効かないようですね~。良いレスキューテクニックは、特別な場合を除いて万人に適合するものだと思う。体力的には良かったけど、技術的にはもう一度見直して修正してほしい。ありがとう!
+1

35.海外の方

ライフガードの訓練では、髪の毛ではなく、あごの下で救助するように教わった。頭を水から出したままにして、呼吸ができるように少し後ろに傾ける。
+20

36.海外の方

私はウガンダ人です。私の国では警察が空手の練習をしているのを見たら、それは一般市民を蹴るためのものであって、彼らを守るためのものではないことを知っておいてください。

37.アメリカの方

尊敬の念…私は泳ぎが下手なので、水の中で危険な目にあったり、他の人が危険な目にあったりすることは想像できないのですが…そうだな、悪い夢の中に留めておこう。
+1

38.イタリアの方

あぁ…こんな人たちに助けられたくない。私が意識を失っていて、髪の毛を引っ張られたら、水がたくさん入ってしまいそうだわ。
+22

39.フィリピンの方

一方、私の国では、海岸警備隊は泳ぎ方すら知りません。
+10

髪の毛を引っ張って溺れた人を搬送するヘアーキャリーについて、否定的な意見が目立ちましたが、泳ぎながら素早く搬送する方法として一般的な方法だそうです。

海外の反応おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA