経済

海外「石油業界に第二の革命」世界初ブルーアンモニアが日本へ供給

海外「石油業界に第二の革命」世界初ブルーアンモニアが日本へ供給

世界一の水素エネルギー利用国を目指す日本は、サウジアラビア国営石油企業サウジアラムコから、世界初のブルーアンモニア供給を受ける事で世界的なニュースになり話題になっています。

ブルーアンモニアは、アンモニア合成時に炭化水素から水素が取り出され、更に二酸化炭素を回収して隔離でき、燃焼時に二酸化炭素を排出しないのが利点。

サウジから日本へ世界初のブルーアンモニア供給開始

ブルーアンモニアのサプライチェーン

ソース:一般社団法人日本エネルギー経済研究所

アラムコは「アラムコと日本エネルギー経済研究所は、SABICと共同で、経済産業省の支援を受け、サウジアラビアから日本へのブルーアンモニアの生産・出荷実証に成功しました。すでに40トンの高品質ブルーアンモニアを日本に出荷し、ゼロカーボン発電に活用しています。」

燃焼時に二酸化炭素を排出しないゼロエミッション電源として注目されているブルーエネルギー。

※ゼロエミッション電源とは、太陽光発電、風力発電、地熱発電、水力発電、原子力発電、バイオマス発電などの再生可能エネルギー由来の電源です。

経済産業所の資源エネルギー庁が策定し平成30年7月に閣議決定された「第5次エネルギー基本計画」では、2016年は16%だったゼロエミッション電源比率を、2030年に44%程度になるとしています。

第5次エネルギー基本計画

既存技術での最大限対応としては現段階では2030年24%となっていますが、革新技術により2050年までに80%を目指すとしています。

世界初のブルーアンモニア供給についての海外の反応

ソース:Facebook

1.海外の方

現在、世界の電気の80%はガス、太陽光、風力発電、石炭から生産されています。

昨日、ゼネラル・エレクトリックが石炭発電タービンを製造するのをやめて、今後は炭素汚染がない様にガスタービンだけを作るというニュースがありました。

この発明は,1992年にガスをLPGに変換する事で輸送の容易さを証明する。石油業界にとって第二の大きな革命となると思う。

これは,サルマン王子がアメリカの石油会社を破壊して正しい事をしたということです。
+305

2.海外の方

石油需要は依然として落ち込んでいると予測されています。それは近い将来、石油生産国の収入に影響を及ぼすでしょう。アンモニアは確かに希望だ。
+12

3.海外の方

ファンタスティック。

4.海外の方

サウジアラビアでも大きなガスの宝物が見つかる。
+5

5.海外の方

最高、世界は新しいテクノロジーに向かって進んでいる。

6.海外の方

来たる時にサウジとトルコは世界の最大の力になり、パワーバランスが世界で非常に良いと言える。
+7

7.海外の方

このガスが作られた技術は今後全ての国で利用されるでしょう。石油準備金のような特別な預金を撤回する必要がない理由、だか全ての国はこのテクノロジーで進むだろう。ビンサルマンの新しい経済政策は広がり、イスラエルの企業に資本を投資する必要があるだろう。
+60

8.海外の方

替え玉の様に見えるし、手品師の手品の様にも見える… 私はまだ炭化水素という言葉を見ていますが、正確には彼らはCO2を隠そうとしているのでしょうか?

9.海外の方

アンモニア(NH3)でも水素(H2)でも、環境に悪影響を及ぼす空気(O2+N2)と反応して高い窒素酸化物(NOx)を発生させています。
+2

11.海外の方

しかし、再びニンビー(我が家の裏には御免の意味)… 炭素の排出はサウジアラビアで行われています。

12.海外の方

取り込んだCO2や、おそらくその過程で発生する他の廃棄物をどうしているのかは書いていない。言及されている「グリーン」な水素を提供してくれ、石油は地中に置いておいてくれ。
+5

13.海外の方

なぜアンモニアを作るためのエネルギーを無駄にし、燃やしたときにNOxを放出するのでしょうか?水素を製造した後、そのまま燃やした方が簡単で、安くて、環境に優しいのです。
+3

14.海外の方

ブルーアンモニアは、化石燃料から排出されるC02を回収して貯蔵するプロセスで製造された燃料の一種で、ブルー水素の原料となる。排出物を発生させない再生可能エネルギーからの水素は、グリーン水素と呼ばれています。
+3

15.海外の方

答えよりも疑問の方が多い

16.海外の方

水から作られた未来の水素燃料、燃やしても有害な排気ガスが全く出ない、改造したキャブレターだけで現代のエンジンを改造できる!
+1

海外の反応おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA