政治・社会

海外「技術的にイエス、量的にノー」日本への軍事規制が無くなれば世界2位になれる?海外の反応

日米国旗

中国の軍拡に対して日本は、米国・オーストラリア・インドと共にクアッドを構成し対抗しようとしています。

そんな中、台湾の方と思われる人が「日本への規制がなくなれば軍事力は短期間で世界第2位になれるか」と言うツイートが話題になっていたので、海外の反応としてまとめました。

アメリカは日本に軍事規制を行っているか?

アメリカが日本に軍事規制を行っているとうぃう話は良くあるが、実際の所はどうなのだろう。

例えば、日本の空なのに米軍が使用する為に飛行できない空域がある事なども、真の独立国家ではなくアメリカの制限化にあると言われる事は多いです。

日米地位協定は批判の材料となりますが、NATO諸国も同様の協定が締結されており、空域管制、第一次裁判権、警察権などは制限されているので、日本やNATO諸国は独立国家じゃないと言う事には当たらない様に思えます。

現在アメリカは日本に対して軍備増強を促しているが、日本自体が制限を掛けている所もある。ただ、日本独自の戦闘機の開発などには圧力をかけて来ると言う事もある様で、どこでバランスを持つかでイメージの持ち方は変わってくると思います。

「アメリカが日本への軍事規制を解除すれば、日本の軍事力は短期間で世界第2位になる可能性があるという話もありますが、それが本当かどうかはわかりません。」

このツイートに対する主に中華圏の人達の反応です。

日本への軍事規制がなくなれば軍事力は短期間で世界第2位に?海外の反応

1.海外の方

確かに、制限を無くして軍を増強させる為に資源を集中させる時間を与えれば、少なくとも中国共産党を倒すことはできる。結局のところ、日本は米海軍と半年間戦う事ができなければ不利になる可能性があります。
+40

 2.海外の方
 >>1

海上自衛隊の総トン数は、中国人民解放軍の海軍の2年間で作る総トン数とほぼ同じです。
+10

3.海外の方

技術的にはイエスだが 量的にはノーだ。
+10

 4.海外の方
 >>3

日本の人口は少なくありません。

5.海外の方

ハハハハハハハハハ!笑
+16

6.海外の方

一概には言えませんが、日本の現在の最先端兵器は、米国の兵器か、F-35、F-15J、10型L44、各種DDG-51護衛艦など、米国(または欧州)の技術が多く使われています。

軍備開発の意図があるならば、それは10年から数十年語には世界に到達すると言われるべきです。
+8

7.海外の方

アメリカにはエイリアンのサポートがあります。

 8.海外の方
 >>7

でも、日本には魔法少女のサポートがあります。

9.海外の方

ハハハハハ!なんだよそれ、笑えるじゃないか。
+16

 10.海外の方
>>9

日本人はただの負け犬の集まりだから。将校がどんなに強くても、どんなに武装が充実していても、アメリカに圧倒されている。日本はは文化的な勝利を目指しているだけ。
 +2

11.海外の方

資源は限られているし、人口も犠牲にできない。

12.海外の方

日本は過去最大のトン数の潜水艦を進水させたばかり。
+8

(2020年10月14日に海上自衛隊の最新鋭3000トン型潜水艦「たいげい」の進水式が行われました。日本の主力潜水艦「そうりゅう型」の後継艦となる最新鋭の3000トン型潜水艦1番艦となります。

そうりゅう型と全長、全幅は同じですが、深さは0.1メートル大きく、基準排水量も50トン多くなっています。)

13.海外の方

3フィートの氷を凍らせるには1日以上かかりますが、幾つかの方法でそれを行う事は可能です。
+3

 14.海外の方
>>13

日本の遺産は中国の遺産よりも厚く、寒い日だけじゃないんだよ。
 +9

15.海外の方

同様に、米国は日本や台湾に対しても抑圧的であり重要な兵器を独自に開発させず、その結果、米国製の兵器に依存してきた。米国の封じ込めがなければ、東アジア大陸が優位に立つことはできない。

 16.海外の方
>>15

日本と台湾は中国をコントロールできなくなって制限を解除したんだよね。

17.海外の方

いや、長期的な制限下では欠点が多いから、 追いつくのに時間がかかる。
+5

 18.海外の方
>>17

英仏のレベル以上になる事はもちろん大した問題ではないが、これもイギリス、フランス、ドイツと日本がこれらの列強と同じレベルだからこそで、日本の本来の総合力が最強になっているからです。

アメリカ、ロシア、中国、インドは、科学技術や経済だけの問題ではなく、これは大陸の大国であり、 現在の日本は独自の地理的要因を突破できていない。
 +2

19.海外の方

残念ながら、日本はもはや第二次世界大戦の日本ではありません。
+15

 20.海外の方
>>19

技術はもっと強力でしょうか? 戦うのは難しいですが。
 +10

21.海外の方

米帝が4割の軍備を直接支援すれば、世界第2位になる。
+15

22.海外の方

軍事的制限を解除するよりも、菅首相がアカデミーを改組するらしいな。アカデミーは今や独立した王国だからです。政府は毎日資金を割り当てていますが、軍事関連の成果は得られていません。政府と軍事研究で協力していた科学者たちは、同僚に撃ち殺されそうになった。
+3

 23.海外の方
>>22

大学が協力しないのが、日本の戦闘機の開発が困難な最大の理由と言われています。もちろん、アメリカの軍事規制には理由があります。

台湾が核兵器開発を行おうとしていた当時、アメリカをに要人が買収され亡命し計画は迷走した。
+2

(台湾は過去に核開発を目指していたことが知られている。上記の話は1980年代にあった開発計画において、アメリカに亡命した原子力研究機関大佐によって秘密計画が暴露され、アメリカの圧力と李登輝総統の命令で中断されたと言う事)

24.海外の方

軍事力の構築は1日にして成らず。貧乏国による軍事力の狂った拡大の結果が北朝鮮に見て取れる。
+1

 25.海外の方
>>24

日本の現在の経済基盤をどのように維持するか?北朝鮮の様な先軍政治が、国の統治を直接変えることなく、世界第5位の国まで続くかどうかは疑問です。これはまだ世界の環境変化の要因を考慮していません。最も重要な事は、ここにいる人にとって日本のアニメをほとんど見る事ができなくなると言う事です。

26.海外の方

人が足りない、金が足りない…でも、核兵器開発まで半年くらいしか掛からないのは事実。
+3

27.海外の方

日本の工業加工精度は、米国やドイツよりも多くの分野で上回っています。ガオ・シャオソンはこれらを軍事産業分野に適用する事は、潜水艦のプロペラブレードのうち日本の旋盤など、比類のない巨大な利点であると述べました。水中での泡は殆どなく、低ノイズで強力な隠蔽性を備えています。これは大きな戦術上の利点です。
+15

28.海外の方

本当に、日本は技術的な面ではアメリカをすら凌駕しているのだから、核兵器を作るのは難しいことではないだろう。
+5

海外の反応おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA